不動産を購入する場合にかかる費用

一戸建て住宅を購入する場合にかかる費用は、まず土地と建物の費用になります。
建売住宅の場合には、土地と建物はセットになって販売されていますのでバラバラに購入せず、一括でお金を支払うことになります。
お金は、不動産会社が仲介をしてくれますので不動産会社に支払うのが普通になります。
ただ、厳密には不動産会社の通知に支払うのではなく、不動産会社に指示されたところに支払うことになるでしょう。
不動産を購入する場合の費用は、土地と建物だけではなく諸費用も支払う必要があります。
諸費用の代表的なものは、仲介手数料になります。
仲介手数料は、不動産会社に直接支払うことになるのが普通です。
仲介手数料は、土地と建物を合わせた金額のおよそ3パーセントから4パーセントと考えておけばいいでしょう。
それ以外には、司法書士に対して支払う登記費用があります。
登記費用は、不動産によっても異なりますがおおむね25万円から30万円ぐらいと考えておきましょう。

大阪・尼崎でフォトスタジオをお探しならefyへ
お得なキャンペーンも実施中!大切な記念日を写真に残そう

主婦スキルを使って稼げる副業はコチラ
毎日の家事がお金に変わる

借金などの負債も相続税に関わってきます
借金や未払い金は財産総額から差し引かれたうえで相続税の対象額が決まるので、重要です。

対環境を考えたサンライト ECO120
燃焼時に有毒ガスが生じません

エアコン工事
エアコン工事に関するよくある質問はこちらから

最新記事